top of page

歳をとると健康になるのはなぜか?制約という力による自覚の働き

トランジションデザイナーの吉田裕美子です。


私も、還暦まであと2年となりました。

私ぐらいの年齢の人は、みんな同じ感覚を持つと思いますが、還暦ってもっとずっと先、60歳ってもっと大先輩だと思っていたら、ありゃりゃ・・そうですか、もう目の前ですか・・という感覚です。


この数年感じるのは、こんなこと。

  • 回復力の低下

  • 基礎代謝の低下

  • 持久力の低下

お酒を飲み過ぎると、二日酔いより前に「疲れる」んです。きっと肝臓の機能低下のせいでしょう。体重は減らなくなるし、老眼は進むし・・・


でも、不思議なことが起きています。

個人的な感覚でしかありませんが、私、これまでの人生の中で、もっとも「健康」な自分を自覚しています。


なぜか?


私の場合は、弱っている状態を認知しやすくなったからだと思っています。

  • お酒を飲むと疲れるので、飲む時は水をいっぱい取ろうとか、飲む量をセーブしようと思う。

  • 基礎代謝が下がっているので痩せないし、筋力が低下しているので、パーソナルトレーニングを受けている。

  • 午後疲れてくるので、睡眠時間をどこに設定すると、最もパフォーマンスが上がるか検証して、早寝早起きする様になった。

などなど。


無理が効かない、制約があることの自覚が、行動を変えてくれたんですね。


自分を変えるというのは、自覚から。本来的な力が低下していること自体は、そんなに関係ないのかもしれません。むしろ、自覚できないことの方がオソロシイ・・・どうしよう。笑

閲覧数:70回

Kommentare


​カテゴリー

アーカイブ

#タグ

bottom of page